りーちゃんの あかい かさ



  きょうは、 あさから あめふりです。

  ようちえんの おくりむかえが たいへんだわ――おかあさんは、 ふうと ためいきを つきました。



 「おはよう。 おきるじかんですよー」

  おとうさんが かいしゃに でかけたあと、おかあさんは しんしつを のぞいて、おねえちゃんと りーちゃ んに

 こえを かけました。


 「ふぁー・・・おはよ」

  おねえちゃんは、 おきにいりの タオルを さがしながら、ねぼけたような こえを あげました。

 「きょうは あめよ」

  おかあさんが シャッと へやの カーテンを あけると、 りーちゃんが めをさまし、 まどの  ところまで

 はしっていきました。



 「あめ あめ!」

  まどのそとを しばらく ながめていた りーちゃんは、なにかを おもいだしたように オモチャの  たなの

 まえにいって、 ひきだしを あけました。



 「あさから オモチャ いっぱい ださないでね」

  おかあさんは そういいながら へやを でていきました。

 「うん」

  りーちゃんは へんじをしたあと、 ひきだしから みつけたものを げんかんに もっていき、 そっと  じぶんの

 あかいながぐつに いれました。

 「じゅんび おーけー」

  うん、 と うなづくと、 りーちゃんは せんめんじょに かおをあらいに いきました。


  りーちゃんが へやに もどると、おねえちゃんは きがえを はじめた ところでした。

 「りーちゃんもー!」

  りーちゃんは じぶんで えらんだ きがえを そばにおいて おねえちゃんに まけないようにと パジャマ の

 ボタンを プチプチ はずし、 ズボンを スルスルぬぎました。



  きがえが おわったら あさごはんです。

 「いただきます!」

  テーブルの うえの おおきな おさらには ホットケーキと ハムのはいった スクランブルエッグ  それから

 ブロッコリーが のっています。 ちいさな おさらには イチゴが 3つずつ、 コップには ふたりの だいすきな

 ラッシーがはいっています。


 「おかあさん、 ごはん たべたの?」

  おねえちゃんが フォークをもちながら ききました。

 「おとうさんが たべたとき、 いっしょにたべちゃったの」

 「ふーん」

  おねえちゃんは さんかくに きってある ホットケーキを ぱくりと ひとくちたべました。



 「おいしいね」

  くちを もぐもぐさせながら おねえちゃんが いいました。

 「おいしっ!」

  りょうてに ひときれずつ ホットケーキをもった りーちゃんが ニコニコえがおで いいました。

 「よかったわ、 おいしくて」

  だいどころで おねえちゃんのおべんとうを よういしながら おかあさんが こたえました。



  あさごはんが おわったら、 テレビを みながら おなかの きゅうけいです。




−1−

........................................................................................................................................................................ 次のぺージへ

INDEXに戻る